移住者インタビュー 移住者インタビュー

  1. トップページ
  2. 移住者インタビュー
  3. 千田 惟さん

岩手県から移住

千田 惟さん

ネット検索ではわからない発見がたくさんあるんです

いるだけで楽しい気持ちになるという地域との関わりや豊かな自然など、現役大学生のフレッシュな目線で、酒田での暮らしを語っていただきました。

プロフィールを教えてください

岩手県花巻市で生まれ育ちました。小学校ではミニバスケットボール、中学校ではバドミントン、高校ではフィールドホッケー部に入るなど、ずっとスポーツに打ち込んでいました。
海外留学を経験した姉の影響で国際関係の分野に興味があったので、国際教養コースのある東北公益文科大学(以下、公益大)への進学を決め、酒田市へ移住しました。
1年生の夏から酒田市の日向地区を活動拠点にする学生活動団体「Praxis(プラクシス)」に参加し、昨年から今年の5月までの1年ちょっとの期間は、団体の代表を務めながら、大学3年生となった現在も日向地区の皆さんとの関りを深めさせていただいています。


フィールドホッケー部時代の1枚
(前列左から3番目が千田さん)

入寮日に初めて酒田上陸!公益大に決めた理由

高校の先生の紹介で公益大の存在を知ったのですが、奨学制度なども充実していて、自分が学びたいと思っていた異文化コミュニケーションに関する研究をしている先生もいらっしゃったので進学を決めました。それまで酒田市へは旅行でも訪れたことはなく、受験も山形市の会場で受けたので、入寮の時に初めて酒田の地に足を踏み入れました。でも、酒田を訪れたことがあった母親からとても良い街だと聞いていたし、まずは寮での暮らしだったので、知らない土地に住むことにあまり不安はありませんでしたね。
寮生活も楽しかったです。1年間だけお世話になりましたが、同じドミトリーの子とは今でも仲良くしています。食べることが大好きな私は、お料理上手な子からお裾分けをもらうことも多く、食いしん坊キャラでした(笑)。


公益大は、自分が学びたいと思った授業は選択したコース以外の分野でも自由に受講することが可能だったり、文系でも基礎プログラミングの授業が必須なんです。ですので、学生の可能性を無限に引き出してくれる環境や、時代に沿ったカリキュラムを考えてくれる大学だなと感じますね。私自身、プログラミング学習の中でポスターやパンフレット作りなど広報関係のワークに触れたのですが、それがすごく楽しくて、自分はこういう分野にも興味があるんだと発見する良い機会になりました。

 

Praxis(プラクシス)に入ったきっかけ

せっかく大学生になったんだし、何かしらサークルには入りたいと思っていました。そんな時にPraxisの活動動画を見て、こだわりコーヒーを提供するカフェ活動や日向里かふぇでのランチ担当、畑仕事、古民家をゲストハウスにする取り組みなど、1つのことではなく、たくさんの活動をしていることを知り「色々なことができて楽しそう!」と感じたので同じドミトリーの友達と一緒に参加を決めました。


地域の方から畑をお借りしてサツマイモを作りました


日向地区は酒田市の中でも雪が多いんです!

Praxisは学生に出来ることを考え「好きなこと、得意なこと」を活かして地域と繋がっていく活動を行っていて、季節にもよりますが月に2~3回くらいは日向地区を訪れています。定期的な活動の1つである日向里かふぇでのランチ営業でも「得意なことを活かす」スタイルが上手く循環していて、料理好きな学生は調理を担当し、あまり得意ではない学生は配膳、接客などを行っています。私ですか? 寮生活時代も「食べる」担当だった私は、調理よりも洗い物や接客を担当することが多いですね(笑)。


Praxisが担当したランチ


楽しく活動しています

日向地区の皆さんの温かさに感動

これまで、年齢やライフスタイルが違う方々と関わることや、ワークショップなど経験したことがなかったのですが、日向地区の皆さんは、誰かの意見を否定したり遮ったりという事が一切なくて、すごく温かい空気感で私たち学生を見守ってくれることにとても感動しました。
最初は、私みたいな学生が意見なんて出しても良いのかなって不安だったんですけど、年齢とか立ち位置とか関係なく、アイディアを受け止めて皆でより良くしていこうという考え方があり、すごく素敵だなと思います。日向の皆さんがまとっている空気感がポカポカと暖かくて、一緒にいるととても居心地が良い時間を過ごせるんです。自分もこんなふうに周りを柔らかく受け入れることのできる大人になりたいなぁと思いました。


様々な活動の中で、知らなかったことや知ってはいたけどやったことがなかったことなどあり、たくさんの経験を積んでいます。最近では筍を獲りに一緒に山に連れていっていただいたのですが、岩手では細い筍が一般的だったので、大きな孟宗を見た時は日本昔ばなしで見た「絵に描いたような筍」の形に感動しました。
簡単な説明はあったものの「まず、やってみろ~(とりあえず、やってごらん)」と寛大なお言葉をいただき、立派な孟宗を収穫することができました。収穫体験も楽しかったですし、山を歩くのも楽しくて楽しく・・・最高でした! そしてその後は日向コミセンであく抜きを一緒にして頂いたんですけど、米ぬかに唐辛子をいれると良いという知恵も教えていただき、ネット情報だけではわからない、暮らしに根付いた知識を学ぶことができました。


あく抜き中~


収穫した筍で孟宗汁を作りました

Praxisの代表として、地域との関わりから得たもの

先輩からPraxisの代表を指名された時は、すごく驚いたし自分に出来るのかなと思い心臓がバクバクしました。これまでの人生、常に副部長などリーダーの横でサポートする役割ばかりこなしてきましたし、私自身はPraxisの活動の中で「これがやりたい!」という強い「得意」があるわけではなく、地域の方と話をすることやコミュニケーションを取ることが好きだったので、日常の関わりに楽しさを感じ、活動の端々で自分の「好き」を実践していました。ですので、こんなふわっとした感覚の私で大丈夫かな・・・と、ちょっと悩んだ時期もありましたが、他のメンバーの「好きや得意」を生かして、「みんなはどうしたい?」というスタイルを持つことで、周りのメンバーから支えてもらい、なんとか代表を務め上げることができました。


自転車が好きなメンバーを中心にサイクリングを企画

様々な活動のなかでも特に印象に残っているのは、昨年の夏に開催した「ホタル鑑賞会」です。日向コミュニティ振興会の方から、地域の皆さんと蛍を鑑賞するイベントを企画して欲しいとご提案いただき、内容決めから当日の進行まで私たちPraxisで務めました。
当日は、まずは日向コミセンの体育館に集合し、手作りの灯篭を作ったり鳥海イヌワシ未来館の方から蛍についてのお話を聞く時間を設け、暗くなった頃に作った灯篭を持って蛍が生息するエリアへ歩いて向かいました。懐中電灯ではなく灯篭を作って持って行ったので、柔らかい光が連なる情景が幻想的でとても素敵でした。
蛍は天候や物音などに敏感な昆虫と教えていただきましたが、その夜はたくさんの蛍を観ることができました。参加してくれた子どもからも「あっちで光った!」「こっちにいるよ!」との声が聞かれ、とても楽しいイベントになりましたし、私も蛍を観るのはこの時が初めてだったので、忘れられない思い出になりました。


手作りの看板でお出迎え


灯篭をもって出発!

ただ、反省点もたくさんありましたね。このイベントで初めて自分が前に出てイベントの進行を担ったのですが、あっちもこっちも気になり心配になってしまったため、全体を把握している自分がウロウロと動いてしまったことでご迷惑を掛けてしまって・・・。事前準備をしっかりしたら、当日はそれぞれの担当メンバーに任せるという、度胸というか度量が必要だったなと学ぶ機会になりました。

これからのこと

今後の酒田での暮らしという面では、岩手の両親がすごく酒田訪問を楽しんでいて、GWや夏休みなどは必ず来てくれるんです。玉簾の滝を案内した際には日向里かふぇでランチをしたこともありました。近いうちに飛島に行きたいなと言っていて、私もまだ訪れたことがないので一緒に行ってみたいですね。父親は釣りが好きなので、酒田の海で一緒に釣りをするのも楽しみにしています。


友人と海へ

実は今年の秋から3か月間、カナダへ留学させていただくことになりました。語学をしっかり身に付けたいということに加え、今まで国際教養コースで学んだ異文化コミュニケーションについてなど、世界の様々な価値観に触れてみたいと思っているので、有意義な時間が過ごせるよう頑張りたいです。現在はホームステイ先をマッチングしていただいている最中なのですが、どんなホストファミリーの方とご縁があるかとても楽しみですし、寮やアパート暮らしより、現地のリアルな暮らしが経験できると思うので、たくさんのことを吸収したいと思っています。


Praxisの先生、メンバー
いつもありがとうございます

地域の課題解決に向けた取り組み方などPraxisの活動を通して学んだ事を岩手の家族に話すと、自分たちにもそういう学び合いの機会があれば良いなと言われたことがあり、はっ!としました。大学やPraxis、留学先で頑張って学ぶことで、私のような学生でも様々な場面や地域で役に立てる可能性もあるんだなと思えたので、今後も様々な経験を積んでいきたいです。

 

移住を検討している方へメッセージ

住む場所を変えたからこそ見える景色ってあるんだなと感じています。私自身、酒田に移住したからこそ岩手県のことも以前より考えるようになりましたし、風土とか食べ物とか、比較が出来るからこそ酒田で発見できたことも多いです。
新しい景色に出会ったり、初めての体験をするということはすごく楽しいことですし、酒田市は地域の人が温かいので、そういった関わりなどかけがえのないものに出会える街だと思います。
そして酒田市は海も山もすぐ近くにあるので、楽しいことがいくらでも出来ますよ。私もよく友達とふらっと海に遊びに行っていますが、よく考えると贅沢な環境だなって思います。


〜にっこりはうすプロジェクト〜
空き家を利活用した『場づくり』をします!

私はまだ学生なので、人生の計画はこれからという段階ですが、自分がその時やりたいと思ったことがあったら、どこであろうと飛び込んでいくんだろうなとは思います。でも、酒田市は居心地が良く、これからもずっとずっと関わっていきたいと思える地域なので、酒田でやりたいことに出会えたら嬉しいですね。
私は代表を退きましたが、後輩達が中心となり空き家を活用した「にっこりはうすプロジェクト」など新しい活動にもどんどん挑戦していくので、これからもPraxisを応援してください!

 


◆東北公益文科大学 学生活動団体
「Praxis(プラクシス)」
https://instagram.com/nikko.koeki

◆日向里かふぇ
〒998-8206
酒田市上黒川字家ノ東19-2
https://www.facebook.com/niccoricafe/


一覧へ戻る

移住に関するご相談はこちら お気軽にご相談ください♪ 移住に関するご相談はこちら お気軽にご相談ください♪

Page top