移住者インタビュー 移住者インタビュー

  1. トップページ
  2. 移住者インタビュー
  3. 九鬼 江実さん

神奈川県出身

九鬼 江実さん

CAさんにお話を聞いてみよう。そうしよう。

昨年12月に「ANA SHONAI BLUE Ambassador」(ANA庄内ブルーアンバサダー)として酒田に移住してきた、全日本空輸株式会社(ANA)のキャビンアテンダント(以下、CA)を務める九鬼さん。
みんなが気になるお仕事のことや酒田暮らしの様子についてお話をうかがいました。
(撮影の都合上、一時的にマスクを外した写真があります)

 

ご出身地はどちらですか?

出身を聞かれたときは「一番長いのは神奈川県の鎌倉市です」と答えています。というのも、生まれてから4歳までは香港で、6歳まではタイで暮らしていました。そして17歳までは鎌倉、その後横浜を経て大学は大阪、という感じです。
鎌倉は神社やお寺なども多く歴史的な背景がある雰囲気が好きでしたね。酒田ほどではないですが自然も豊かで、学校帰りに木の実を取って食べながら帰るような子どもでした。動物が好きだったので、子どもの頃の夢はトリマーや、動物園のゾウの飼育員でした。ゾウはタイに住んでいた時に身近にいたので(笑)。
あとは中学の時は吹奏楽部でサックスを吹いていたり、高校ではダンス部でコピーダンスをやったりして音楽にどっぷり浸かった学生時代を過ごしていました。


 

CAさんになった理由と、お仕事の内容について教えてください

大学2年生の時にアメリカと中国に留学して、いろいろな国の人たちと接することができました。彼らと関わる中で、それまで自分が知らなかった世界や価値観があることを実感したことで、いつか世界のあちこちに行って、自分の肌でその国の歴史や文化、現地の人の人柄を感じたい、って思ったんです。それができる仕事を考えた時、CAが一番自分に合っているかもしれないと思って目指すようになりました。
何社か試験を受けた中でご縁があってANAに入社し、現在に至ります。


CAの仕事は大きく分けると「保安業務」と「接客業務」です。特に重要なのが「保安業務」で、入社して最初に叩き込まれます。飛行機が離陸したあとにお客様をお守りできるのはCAだけです。そのため、これまでの先輩方が改善し続けながら受け継がれてきたマニュアルを遵守しつつ、最近では新型コロナウイルス関連の対応が発生したように、様々な変化に臨機応変に対応していくことが大切になります。
「接客」についても考え方は同様です。お客様は一人ひとりそれぞれ、様々なご事情があります。私たちが関わるのは飛行機の中という限られた時間と場所の中だけですが、だからこそお客様の様子をよく見て、クルーの間で話し合いながらそのときに一番いいサービスを提供できるよう努めています。
あくまでセーフティファーストではありますが、「保安」と「接客」のバランスを考えながら咄嗟に対応するのが難しくもあり、やりがいがありますね。


 

改めて、酒田へ住むことに決めた経緯は?

他部署の人との関わりの中で、地方に移住していろんな地域活動を行う会社のプログラムがあることを知りました。東京でのビルに囲まれた生活にストレスを感じていましたし、これまでに縁のなかった東北地方への移住になる、というのも興味を持った理由です。
先にお話ししたとおり、小さい頃からあちこちに暮らしていたので移住そのものには抵抗はなかったのですが、これまでは縁がある場所や、家族や親類がいる場所での生活がほとんどでした。今回は酒田という、これまでに訪れたことのない土地で、知っている人が誰もいない場所だな、と思いましたが、地方創生のための取組みというのにも惹かれてこれだ! と思ったのと、やらないよりはやった後悔の方がいい! というタイプなので思い切って手を挙げさせていただきました。


 

いま酒田に暮らして、どんな生活をしているんですか?

今は本業のCAとしての仕事は2勤4休なので、だいたい週に2日は飛行機に乗って全国各地への乗務をこなしています。それ以外の時間は、「ANA SHONAI BLUE Ambassador」として、庄内地域で様々な活動をさせていただいています。お休みは…ありがたいことにほとんどないです(笑)。
こちらでご依頼いただくお仕事や活動は、初めのうちは上司に指示されたままのことをやっていましたが、今は5人のメンバーそれぞれでやりたいことのアイディアを出し合いながら取り組むことができています。庄内それぞれの地域の魅力がわかってきたからこそ、いろいろな提案ができるようになりましたね。


 

酒田での活動や印象に残っていることを教えてください

今のところ一番印象的だったのが酒田まつりです。なんというか…大人たちがあんなにはしゃいで盛り上がるのを目の当たりにしたのは初めてです(笑)。ご飯を食べにお店やさんとかに入ると、お祭りの何日も前から地元のお客さん同士が酒田まつりの話で延々盛り上がってるんですよ! こんなに地元の方が地元のお祭りを楽しんでいるっていうのを目の当たりにしたことはなかったです。
あとは酒田酒造さんとの日本酒の取組みですね。クラウドファンディングで資金を募って、世界に1,000本のオリジナルのお酒を造っていただきました。お酒造りの過程では結構ずけずけと味わいや香りについての注文を言ってたので、担当の方は「そうきたか…」と頭を抱えていらっしゃいましたね。アンバサダーのメンバー5人の好みで辛口であることは外せないポイントで、香りは華やかに、あとはラベルデザインのイメージをお伝えして、「でゅ~」という名前も5人で決めました。「でゅ~」は英語で雫(dew)という意味もありますし、やっぱり地域にちなんだ名前がいいということで、「まぐまぐでゅー」(※注)となるほど美味しくて呑みたくなるような、皆さんにとって最高の一滴であるように、という願いを込めています!


(※注)二日酔いなどでちょっと胸のあたりが気持ち悪くなっている状態などを表す庄内弁


すごい熱気の酒田まつり!


5人の思いが詰まった幻のお酒です

 

その他にもいろんな活動をしています


いか釣り船団出航式の司会


東北公益文科大学での講座


公益大生のみなさんと


さくらんぼの出荷体験!


松原小学校での出前授業


酒田港クルーズの受付


様々な企画でお客様をお迎えしました


今後の飛島関連の情報も要チェック!

 

どんなプライベートを過ごされていますか?

友人や会社の同期などがこちらに遊びに来てくれて、一緒にあちこち巡ったりしています。こちらの食材なんかを教えてあげると、珍しいものが多いみたいですごくいいリアクションをしてくれますね。「メロン子」に友人がすごく反応していたので、「これは漬物にして~」なんて話していると、いつのまにかすっかり自分がこちらでの生活に慣れているのを実感します。地元のお店の方と話していたら、友人から「なじみすぎじゃない?」とつっこまれたこともありました。これも地域の皆さんに温かく迎えていただいているおかげですね。
あとはたまに東京で過ごすこともあるんですが、結局向こうでお洒落なカフェとかに入っても、「どうにかしてこのお店のイメージを庄内に持って帰れないだろうか」っていう視線で見てしまいます。
酒田で好きなお店は、今日お邪魔している「山椒小路」さんと、お寿司の「鈴政」さん、ラーメンなら「照月」さん、「花鳥風月」さんです! 他にも気になっていたりお勧めいただいているお店がありすぎて、『行くとこリスト』に全然追いついていません。


 

移住検討中の方にメッセージをお願いします

移住って考えると覚悟が必要なように感じてしまいますが、数日間でもお試しで過ごしてみたら、ご飯のおいしさ、自然の香り、夏の気持ち良い風を感じて、酒田はいい場所だなと実感できるかと思います。
地域の方との関わり方という部分で不安になることもあると思いますが、地元の方は皆さんとにかくなんでも教えてくださいます。特に私たちが移住してきたのは冬(2021年12月)でしたが、雪国での生活、雪道での運転のコツについて教えてくださいました。だからそこも全然不安に思わなくていいです。
困ったら近くの人に聞けば解決するのが酒田です!

 


☆情報発信中☆
ANA SHONAI BLUE Ambassador
情報発信サイト https://ana-shonai.com/
Twitter「庄内くらし」https://twitter.com/SYO_kurashi
Instagram「庄内くらし」https://www.instagram.com/shonai_kurashi
ANAウェブサイト「感じる庄内旅」
https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/promotions/collaboration/feel-shonai/
酒田FMハーバーラジオ「ANA SHONAI BLUE AmbassadorのSHONAI Show Time」
毎週木曜16:30〜放送中 https://www.sakatafm.com/podcast/ana/

 


「COFFEE 山椒小路」
一歩店内に足を踏み入れると、香ばしい珈琲の香りとともにチョークアートのアーティスティックな空間が広がります。
非日常の空間とおいしい自家焙煎珈琲をお楽しみください。
〒998-0043
山形県酒田市本町2-3-2(希望ホール側)
TEL:0234-23-3838
定休日:不定休
駐車場:あり
公式Instagram https://www.instagram.com/coffee_sansyokouji



一覧へ戻る

移住に関するご相談はこちら お気軽にご相談ください♪ 移住に関するご相談はこちら お気軽にご相談ください♪

Page top